保湿化粧品の名前の響きって最高じゃない?

乾燥肌に悩まされ続けて

私は子供のころから乾燥肌に悩まされてきました。

 

季節問わず常に全身が乾燥している状態で、特に冬などは腕や足まで粉をふいたように肌が白くなり、かゆみも伴うほどで、10歳のころからは乾燥性の皮膚炎にもかかってしまいました。

 

乾燥肌の対策で一番大事なことは、保湿よりも余分に皮脂を取らないことだと私は思います。

 

特に冬場など、あまり汗をかかない季節は、石けんを使わずお湯で体を洗うようにしています。

 

洗うと言うより、流すと言うイメージです。

 

また体を洗うためのスポンジなどは使わず、自分の手で洗うようにしています。

 

さすがに今頃のように汗をかく季節などは石けんを使い洗いますが、それも手で洗うようにしています。

 

少しでも肌への負担を減らすことで、余計なトラブルも避けられていると思います。

 

そしてタオルドライの後、すぐに保湿するよう気を付けています。

 

前もってお風呂の中に保湿用品やタオルを用意しておき、お風呂に残っている湿気も利用し、少しでも肌が乾燥した状態にならないようにしています。

 

使用している保湿化粧品は、敏感肌のため、精製水とグリセリンを混ぜた、自作の化粧水です。
参考:人気保湿化粧品の選び方ガイド!
http://xn--u9jk1m5azl522q9yevwddz6culs9s9any1c.com/

 

手で塗れる範囲は手を使って塗っていますが、背中などもスプレーボトルを使用して、吹き付けて保湿しています。

 

その後、化粧水で肌が湿った状態のままで、ソンバーユを塗っています。

 

湿った状態でソンバーユを塗るのは、ソンバーユを乾いてしまった肌に塗ろうとしても、なかなかのびてくれないので、そのためでもあります。

乾燥に負けない肌づくり

乾燥と言ったら保湿ですよね。

 

これが1番大事だと思いますが、その前にやはり日焼けをしないこと、外出の際は日焼け止めを塗ることが重要だと思います。

 

私は、乾燥肌でもありオイリー肌なのでオイル系はあまり使っていませんが、スキンケアーには気を使っています。

 

特に冷暖房が必要な時期ですと、さらに乾燥が悪化してしまいます。

 

洗顔後は肌が突っ張り本当に水分が足りないと実感する毎日です。

 

化粧を落とす時なんかはなるべく余分な角質までおちてしまわないようにメイク落としと洗顔が1つになったジェルを使ったりしていますが私的に洗った気がしないので、結局、洗顔石鹸で洗顔してしまいます。

 

洗顔も肌に刺激を与えないよう、お湯で洗うことがあまり良くないとも聞くのでかなり泡だてて水で洗い流したりしていますが、やはり歳を重ねるごとに肌質も変わってくるので、自分に合ったスキンケア用品を探さなければならないですよね。

 

乾燥していると化粧崩れはもちろん化粧直しの際も直したつもりが乾燥のせいでパウダーが浮いてしまったり、さらに張りがなくなりたるんできてしまったりといろいろなトラブルが出てきます。

 

綺麗でいるためにはお金もかかりますが、まずは自分で改善できるところは面倒くさがらず変えていかないとと実感…特に紫外線の強い日の外出は要注意ですね。

 

冬場は乾燥して体が痒くなったりもしましたので顔だけではなく全身にも気を使って乾燥に負けない肌づくりをしていこうと思います。

 

そして、自分に1番合ったスキンケアー用品と出会えれば良いな〜。

更新履歴