美白化粧品を使うと肌が乾燥する?

美白化粧品を使うと肌が乾燥する、刺激が強いと言われます。 確かに、さっぱりした使用感のものが多かったからです。 むしろ、お肌がダメージを受けているために充分な効果が得られず、刺激として感じる可能性が高いものです。 お肌が有効な成分が浸透できないような状態では、化粧品の効果を感じることもできません。 最近ではセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの高保湿成分を含んだ化粧水や美容液が出ていますので、それらを使う方がいいでしょう。

美白化粧品を使うことによって、紫外線からお肌を守るメラニンが抑制され、反ってお肌にダメージを与えてしまっている可能性もあります。 美白化粧品には、白い肌を作るための成分が含まれていることが多く、肌の状態によっては強い刺激に感じてしまいます。 効果の高い化粧品ほど、刺激も強く感じます。

まずは、お肌に潤いと張りを取り戻すことが大切です。 できるだけ紫外線を浴びないように、外出時には、日焼け止めによるUVケアも刺激の軽減に有効な方法です。 潤いのある肌に整えてから、改めて美白に取り組みましょう。